【RX450h MODELLISTAver.】2台のMC後RXの展示車をみてきた!

マイナーチェンジしたレクサスRXの試乗をして、その時はRX300 F SPORTだったのですが、店内には2台のRXが展示されていました。
DSC09310

>>>マイナーチェンジしたレクサスRX!タッチパネルの操作感などRX300の試乗で試してみた

1台はハイブリッドモデルのRX450h versionL。
DSC09311

もう、1台が3列シートを備えたRX450hL。
DSC09321

今回は、モデルやグレードで、どういった違いがあるのか確認していきたいと思います。

 




■RX450h versionL

RX450h versionL
DSC09311

展示車の仕様は、ボディーカラーがソニッククォーツ、インテリアカラーがブラック、駆動方式が2WDです。

展示車にはMODELLISTAのエアロが装着されていました。
DSC09310

フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスタイリングキットの3点セット、塗装済みで486,200円です。RX450hLは519,200円です。
DSC09320

DSC09319

MODELLISTAのエアロはシャープなデザインで、間違いない格好良さがあります。
わかりやすい格好良さがある反面、MODELLISTAのエアロを装着したレクサス、トヨタ車はどれも同じように見えてしまうというデメリットも…?!

versionLは、エクステリアで三眼LEDヘッドライト20インチアルミホイールなどが標準装備。インテリアでは本木目もしくバンブー+本革ステアリングセミアニリン本革シートなどが標準装備です。
DSC09313

DSC09314

また、スピンドルグリルが放射状になっています。
DSC09312

メーカーオプションのパノラマルーフは、RXはチルト&アウタースライド機構付きで、開放感あふれた仕様になっています。
DSC09317

手動サンシェードなどの快適装備が充実しているのも嬉しいポイントです。
DSC09315

DSC09316

DSC09318

ボディーカラーのソニッククォーツは、ピュアなホワイトという印象です。
こちらは、ドアミラーも同色なので、F SPORT専用色のホワイトノーヴァガラスフレークのように、ドアミラーが異なるカラーが苦手という方にもオススメです。
 
レクサスの塗装は、どのカラーも美しいので、どのカラーを選んでも満足できると思います。

インテリアも他グレードと大きな違いはありませんが、versionLが1番、RXのキャラクターに合ってるように感じます。

450hに搭載されるエンジンはV6 3.5ℓ+ハイブリッドで、最大出力262ps+167ps最大トルク34.2kgf・m+34.2kgf・mです。展示車は2WDだったので、これがAWDだとリアモーターの最大出力68ps、最大トルク14.2kgf・mが追加されます。

300でも充分に感じたパワー感ですが、450hのスペックだとかなり余裕のある走りが出来そうです。

トランスミッションは電気式無段変速機が採用されています。

燃費がJC08モード走行で18.2〜18.8km/Lと、車格を考えるとなかなか良い燃費だと思います。

車両価格がRX450h versionLの2WDで7,290,000円です。
ここまで来ると、高級車らしい価格帯ですが、それに見合ったクルマになっていると思います。

■RX450hL

RX450hL
DSC09321

展示車の仕様は、ボディーカラーがソニッククォーツ、インテリアカラーがブラック、駆動方式がAWDです。
DSC09324

450hLはロングボディー仕様で、通常2列シートのRXですが3列シートへと変更になっています。
そのため、ボディー全長が通常仕様より+110mm延長されて5,000mmの全長になっているので、流石に5メートルの全長は長いです(汗)

リア周りの処理が若干、通常RXと異なりますが、違和感は少ないです。
DSC09322

これまで乗車定員7名だったのが、今回のマイナーチェンジでセカンドシートにキャプテンシート仕様が加わり、乗車定員6名の仕様も追加されました。
DSC09323

また、サードシートに前後スライド機構も追加されていて、使い勝手の向上が計られています。

グレード展開はなく、450h versionLのロングバージョンといった感じです。

エンジン、トランスミッション共に、450hと同じものが使われていて、駆動方式はAWDのみの設定です。

燃費ですが、車両重量が450hより200kg近く重いので、JC08モード走行で17.8km/Lと若干悪くなっています。
DSC09325

RX450hLの車両価格が7,960,000円で、RX450h versionL AWDより+40万円で3列シートになる感じです。
一脚20万円のシートと考えると、かなり高級なシートになりますが、後付け不可で、いざという時に使えるということを考えると、ありだと思います。

■実際にディーラーに行ってみよう!

デビューフェアも終わり、少しは販売店も落ち着いてきているのではないかと思いますので、RXが気になっている方や、どのグレードにしようか悩んでいる方は、是非、ディーラーに足を運んで試乗してみることをオススメします!

事前に試乗予約しておくと、希望車種がないなどのことがなくスムーズに試乗をすることが出来るので、直接、ディーラーに電話などで予約してもいいでしょうし、レクサスなら公式サイトからネット予約も出来るから気軽で簡単に試乗予約が出来ます。

■レクサスの敷居は高くない?!

そうは言っても「レクサスは敷居が高いよ」と感じてらっしゃる方も多いかと思いますが、そこまで気にしなくても大丈夫だと思います。

僕自身も10年以上乗った塗装ボロボロのセリカで来店したり、徒歩で行ったりもしましたから(笑)
レクサスに限らず、どこのディーラーでもアタリハズレはあると思うので、レクサスだからと言って身構える必要はないでしょう。

仮にハズレだったとしても、相手も商売でしているので見込みがないお客さんに時間を使うのは…というのも理解できるので、その辺はお互い様と割り切って楽しみましょう!

■お好みのRXを

マイナーチェンジしたRXですが、みなさんはどのグレードが気になりましたか?

僕は、試乗したスポーティーなRX300 F SPORTが気に入りました!

エレガントなRX450h versionLもRXらしくて良いですよね。

RX450hLは3列SUVで、サードシートが使えるのが魅力的です。

UXやNXを検討している方は、もしかするとグレードにやオプションによっては価格が被っている可能性もあるので、一度、RXのベースグレードなども選択肢に加えてみても良いと思います。

どのエンジンタイプ、グレード、スタイルを選ぶのか、自分好みのRX探しの参考になれば幸いです。

 

ブログのほかにTwitterもやっています。クルマのことはもちろん、日常のことやブログ更新のお知らせも発信しているのでフォローもよろしくお願いします!