無事にCーHR納車されました!
マイナーチェンジしたCーHRを実車も見ずに契約しましたが、概ね満足しています。
今回は、前愛車のレクサスNX売却から現愛車のCーHR契約・納車までを紹介します!













1.意外とかかるレクサスの維持費



燃費の良いクルマへの乗り換えを検討しだして、正直、かなり悩んだのですが、やるなら早い方がいいと思い、レクサスNXを手放しました。
fullsizeoutput_6c4

うちのNXは、ダウンサイジングターボのNX300で、実燃費で10km/ℓ前後でした。

車体の大きさなどを考えれば、決して悪い燃費ではないと思うのですが、これでは以前所有していたセリカよりも燃料代がかかります。セリカはMTで乗っていたからか、平均燃費12〜13km/ℓくらいはでてましたからね。

さいらに追い討ちをかけてくるのが、ハイオク仕様ということ。

この燃費でハイオクは、背伸びレクサスオーナーには堪えます。もっと、燃料代が安くなったり、せめてレギュラー仕様なら、少しは経済的に助かるのですが。

ガソリン代もですが、ほかにも保険料も徐々にダメージが蓄積していました。

安い保険に入れば解決する問題ですが、クルマがクルマなだけに、いざという時に使えない保険では意味がないので、そこそこの保障内容にすると、そこそこの保険料になるものです。

レクサスは初回車検までは、点検費用やオイル交換代などの維持費がかかりませんが、レクサス相応のお金はかかるなという印象です。

 

2.やっぱりトヨタが好き



次期愛車にレクサスUXやCTなども検討はしたのですが、UXは高いし、CTはハイブリッドシステムがイマイチかなと思い…NX300hのCPO狙いもありかなと思いましたが、やはりハイブリットモデルは高い。

残念ながらレクサスオーナーの称号を失うことに。

通勤メインで使うので、軽自動車でもいいかなと考えたのですが、色々と相談した上で選択肢を普通車としました。
 
今まで、たくさんのクルマに試乗してきたので、気になるクルマはたくさんあるのですが、自分が所有するとなると、どうしてもトヨタ系列を選んでしまう。

好きなんですね…トヨタ(笑)
DSC09562

輸入車も試乗してきましたが、素人考えで故障が心配で踏み切れません。

トヨタだと信頼のハイブリッドもありますかね。

ハリアーやRAV4も気になりますがハイブリッドモデルは高いので却下。

このタイミングでカローラがモデルチェンジをして、かなり魅力的に進化したので、新型カローラはかなり有力候補になっていました。

どのボディーカラーにしようかと実際に展示車などを見に行ったりもしているなかで、営業さんから「CーHRのマイナーチェンジ」情報を聞きます。


3.C-HRにGR SPORT追加



CーHRのマイナーチェンジ情報を聞いても、そこまで気にしていなかったのですが、よくよく情報を見ていると、ついにGR SPORTが加わりました。
DSC09558

しかも、CーHRで個人的に好みではなかったステアリングやシートが専用パーツに変更されたので、これで一気に、次期愛車候補になってきました。

マイナーチェンジ前なので前期型を試乗させてもらったり、後席やラゲッジルームなどの確認を進めていきました。燃費やタイヤ交換などの維持費の相談なども行ないました。

結果、実車を見ることなく、マイナーチェンジしたCーHRを。もちろんグレードはGR SPORTを契約しました。 

納車までの間、代車を貸していただけるということだったので、少しでも値が下がる前にNXを売却してました。
 
代車は「どうせ使い込まれたクルマなんどろうな…」と思っていたら、まさかのCーHR(笑)
担当営業さんが気を遣ってくれて、試乗車で使われていた車両を代車として貸し出してくれました。ついこの間まで試乗車として使われていたような車両なので、ほぼ新車のようなもので少し申し訳なかったです。
IMG_0510

でも、このおかげで予行演習になりました(笑) 

4.C-HRの納車式



最近のクルマは納車に時間がかかるイメージでしたが、タイミングが良かったのか、契約から納車まで1ヶ月程度で済みました

納車日はワクワクして迎える方がほとんどだと思いますが、僕の場合、同じ日に引越しの予定も入れていたので、かなりのハードスケジュールでした。

当日は、引越しで荷物運搬をして、その日のうちにガスの開栓などの立ち合いも行い、最後にCーHRの納車というスケジュールにしていたのですが、予定より1時間近く遅れての納車となりました。

NXの納車の時はレクサス徳島さんが納車式を行なってくれましたが、今回のCーHRではそんなのありません(笑)というか、引越しで疲れ過ぎていて「早く帰って、ゆっくりしたい」という気持ちが強かったです。
 
支払いを完了して、車両のもとへ行き、ヘルプネットの初期設定を行い、あとは営業さんに「代車で乗ってたので、操作系はわかりますよね」と言われて、そのままお店をあとにしました(笑)
 
本来なら、車両の各部の確認や操作系の確認を行うべきだと思いますが、早く帰りたかったので、これくらいで調度良かったですが、かなり簡単な納車式となりました。
fullsizeoutput_6c3
 
というかこの時、すでに辺りは暗くなっていて、ブラックのボディーの確認をするのは無理な状況でしたが、みなさんは後々トラブルにならないように、ちゃんと確認をすることをオススメします!
 
そして、この時は疲れ過ぎていてスルーしていたのですが、車両代金を余分に支払いすぎているというトラブルもありましたが、後日、無事に解決しました。

5.ライフスタイルの変化に応じて



ライフスタイルの変化でクルマを乗り換えることになり、急遽、レクサスNXの手放し、次期愛車にトヨタCーHRを迎え入れました。 

NX購入前にはCーHR購入も検討していたので概ね満足していますが、NXからCーHRへの乗り換えなので、質感の低さは気になってしまいますが、CーHRクラスということを考えると妥当かなといったところです。
 
走りや乗り心地については、全然、快適です。

普段使いでのパワー感も充分で、それでいてハイブリッドモデルは燃費もよく、シートの座り心地も疲れにくく、足周りや剛性感もシッカリしています。

ただ、シートは純正とGR SPORTで印象が違うし、残念な点も幾つかあったので、今後、レビューしていきます。
 

ブログのほかにTwitterもやっています。クルマのことはもちろん、日常のことやブログ更新のお知らせも発信しているのでフォローもよろしくお願いします!