Audi A1 Sportbackに試乗しました!
DSC09746

去年、試乗会の時にチラッと拝見させてもらいましたが、試乗車になっていたのでお願いしました。
 
いつも、アウディでは大きめな車種の試乗をしていたのでコンパクトカーのA1は、走りや質感などどのような仕上がりになっているのか楽しみです。

また、アウディといえばバーチャルコックピットなどのドライブをサポートしてくれる機能がありますが、タッチスクリーンが採用されたモニターは手書きにも対応していて実演していただきました。

今回試乗させていただいたのはアウディ徳島さんです。

DSC09756

 





1.剛性の高さ



今回試乗したのはAudi A1 Sportbackです。
DSC09738

1.5ℓ直列4気筒ターボエンジンを搭載したコンパクトカーで2019年11月に発売されました。

価格は3,650,000円からで、スポーツモデルのS lineは3,910,000円です。

いつもは昼間に試乗しているのですが、この日は用事が終わってから訪れたので夕方の辺りは暗くなっている時間帯になってしまいました。
IMG_1361

パッと見のサイズ感はトヨタ C-HRに近いように感じましたが、スペック的には少しA1の方が小さいみたいです。

早速、A1に乗り込み、夕方で混み合っている道路へ試乗に出掛けました。

走り出して感じたのは、サイズ感こそC-HRと似ていますが、走りの質感は全然違うことです。

それは剛性です。

ボディーの剛性が高く、サスペンションがしっかり仕事をしている印象です。

こういうカチッとした剛性の高さは、流石アウディだなと思います。
 
車格はコンパクトハッチバック車なので、気負うことなく気楽にドライブを楽しむことが出来ます。
 
パワー感も1.5ℓ直4ターボということで、スムーズな走りで、上り坂でも力強く走り抜けてくれていました。
 
また、アウディはコーナーリングもスムーズで、今回のA1もそれに漏れずの走りでした。
 
コンパクトカーでも、しっかりとクワトロの技術が活かされているのは素晴らしいです。
 
試乗コースでは低速で走れる狭めな道幅の部分もあるのですが、A1ならすれ違いも問題ないです。

2.お洒落なデザイン



今回、時間的に辺りが暗くなっていて撮影が厳しい状況だったので、営業さんにお願いをしてお店の前に車両を移動していただきました。
DSC09739

コンパクトハッチバックで見た目からもキビキビと走る印象を受けます。

オプションカラーですが、ミサノレッドパールエフェクトはお洒落な雰囲気です。
 
フロントはボンネット下のエアインレットが特徴的で、新型R8も同じようなデザインが採用されていてアウディらしさを感じます。
DSC09740

LEDヘッドライトは薄暗い状況下の試乗でも、とても視認性がよかったです。
DSC09741

デイライトがひと繋ぎではなく、途切れて並んでいるのも個性的です。
 
ルーフがブラックアウト化されて、視覚的に低く薄く見えることでスポーティーな印象を受けます。
DSC09743

リヤライトもフロント同様で綺麗なデザインをしています。
DSC09744

足回りは標準の17インチアルミホイールが装着されていて、バランスが取れたデザインです。
DSC09742

最近のクルマは、大きなホイールに偏平タイヤの組み合わせが増えてきましたが、A1はコンパクトですし17インチくらいが丁度いいように思います。

3.タッチスクリーン



辺りが暗かったこともあり、インテリアの細部まで見ることは出来ませんでしたが、シンプルながら高級感もある造りは流石だなと思いますし、この辺で国産車は遅れをとっていると感じます。
DSC09753

fullsizeoutput_6e0

シートはレザーとかではなくファブリックですが、体への負担が少なく、上手く力を分散してくれている感じがします。
DSC09748

センターコンソールは全体的にドライバーシート側へ少し向いていて、コックピット感を高めると共に、スイッチ類の視認性や操作性も向上しそうです。

もちろん、Audiバーチャルコックピットも採用されていて、スピードメーターやマップを表示させることが出来て、この情報量の多さと見易さはとても便利です。
IMG_1354

10.1インチのモニターはタッチスクリーンになっていてます。
IMG_1360

直接、手書きで文字を書いて目的地を設定するなど出来るようになっていて、しかも、正確に手書き文字を判断できていて、かなり便利です。
IMG_1356

IMG_1358

また、置くだけ充電にも対応していたり、Bluetoothでの音楽再生も可能です。
 
後席の広さも十分で、後ろに人を乗せてのドライブも楽しめそうです。
DSC09752

DSC09751

コンパクトなサイズ感ですがラゲッジスペースは十分な容量を確保できています。
DSC09754

旅行バックを積んで、キビキビ走るA1でドライブを楽しんで、宿でゆっくり休むという使い方なんか良さそうですね。

4.A1の安全装備



今時のクルマ、安全装備が備わっているのが当たり前になってきていて、今まで以上に内容が重要になってきますが、A1はどうでしょうか?
IMG_1362

アダプティブクルーズコントロールアクティブレーンアシストなどの採用により、高速道路などの走行は楽になるでしょうね。
IMG_1363

ただ、A1はハンドパーキングブレーキなので、電子パーキングブレーキのように自動ブレーキ保持が出来ないので、低速で動いたり停まったりする渋滞などは頼りにならないです
 
フロントレーダーで前方の危険回避をアシストし、必要と判断したら自動でブレーキが作動するプレセンスフロントが採用されています。
 
また、運転状況が不安定になると乗員を守るために自動で機能が作動するプレセンスベーシックも採用されていて、フロントのシートベルトを巻き上げて拘束力を高めたり、必要であれば開いているウインドウを閉じたりをしてくれます。
 
実際に体感したわけではなく、カタログ文章を読んだだけの感想になってしまいますが、少し前では考えられないような機能が採用されていて素晴らしいです。
IMG_1364

ドライブが楽しいのはもちろんのこと、安心して安全に乗れるのも重要なポイントですね。

5.価格と維持費は?!



やはりアウディはいいなと感じたところで、A1の車両価格が300万円台後半。
DSC09755

オプションを足していくと400万円台に突入してしまい、価格がコンパクトではなくなってきてしまいますが、まだ日本では 1.0ℓエンジンが発売されておらず、こちらが発売されれば、もう少し安くなりそうです。

小排気量ということでパワー感が気になるところですが、営業さんが先代A1の1ℓエンジンでもよく走るし、ほとんどのお客さんが1.0ℓエンジンの先代A1を選ばれていたようなので問題なさそうです。

ちなみに初回車検まで均等に支払いを続けるとすると、400万円÷36=11万1111円/1ヶ月です。

この買い方は個人的には出来ませんが、頭金を増やすとかすれば手が届きそうな感じです。

5年で考えると6万6666円になり、これは均等払いなのでボーナス併用などすれば、もっと楽になりそう?!

乗り換えで購入を考えているなら、下取りよりも買取りの方が高い値段がつく場合が多いです。

さらに、ネット一括査定を使えば、いちいち査定見積りをしてもらう手間が省けて、一括で複数社から査定額を提示してもらえることが出来ます。


その中で一番高い金額を提示してくれた会社に売ってしまえばいいのです(笑)

僕も以前所有していたレクサスNXはネット一括査定を使って売却しましたが、納得できる金額で売却できて満足しています。

維持費もコンパクトカーなので、それほどかからないと想像しますが、気になるのは故障の頻度。

短い期間で乗り換えるなら、あまり気にしなくてもいい問題ですが、長く乗るなら気になる部分で、輸入車を所有したことがないので偏見かもしれませんが、輸入車は故障するというイメージが拭えないでいます。
 
燃費はWLTCモードで15.6km/ℓとまずまずな数値ですが、使用燃料がハイオクなので、ガソリン価格が高騰している今は少しお財布に厳しいかも?!
 
年間1万キロ走ったとして、ハイオク150円で計算すると、年間9万6153円かかります。
 
コンパクトで取り回しがしやすく、剛性の高さによる走りの良さは流石アウディで、魅力的なA1になっています。
DSC09745

今回は1.5ℓエンジンに試乗しましたが、いずれ発売されるであろう1.0ℓエンジンの走りも試してみたいです。
 
それくらい、期待できる1台でした。

 

ブログのほかにTwitterもやっています。クルマのことはもちろん、日常のことやブログ更新のお知らせも発信しているのでフォローもよろしくお願いします!