ファルクスワーゲン T-Crossに試乗してきました!
DSC09788

SUVを2台乗り継いできてる自分としては、新型車のSUVは気になる分野です。

フォルクスワーゲンはTiguanぶりの2度目の試乗です。



商品的に安定感があるイメージがありますが、TさいSUVということで商品力の高いライバルが多い分野で、果たしてTささは感じられるのか試乗してみました。
DSC09793

T-Crossの価格は、TSI 1stが2,999,000円TSI 1st Plusが3,359,000円となっています。

今回はフォルクスワーゲン徳島中央店さんで試乗させていただきました。

 





1.TさいSUV



今回、試乗したのフォルクスワーゲン T-Crossです。
DSC09787

第一印象は丁度良いサイズ感だなということです。

キャッチコピーに使われている「Tサイ」SUVというワードから、小さいSUVをイメージしていたのですが、良い方向に裏切られました。

トヨタ ライズのライバルとして比較されることが多いようですが、サイズ的にはもうワンランク上のSUVだと思います。

試乗コースは選ばしてくれたので、じっくり試せる試乗コースでお願いしました。

まずは運転席に乗り込み、ドアを閉めると重厚な音がしますが、これはフォルクスワーゲンらしさのようです。

手動でシートポジションを合わせて、ミラー類の確認もします。

シートはファブリックシートで可もなく不可もなく普通という印象でした。

エンジンスタートは、従来シフトの右側に配置されていたようですが、T-Crossは左側に配置されているので間違えないように注意です。

1.0ℓエンジンなので静かです。

シフトをDに入れて走り出すのですが、T-Crossには電子パーキングが不採用なので自分で解除する必要があって、さらにハンドパーキングになっています。

最近では電子パーキングが採用されているクルマも増えてきて、前愛車のレクサスNXや現愛車のトヨタC-HRも電子パーキングなので、これに慣れると走り出すまでにワンモーション増えて面倒に感じますし、何より見た目がスマートではありません。

ほぼC-HRと同じ車体を1.0ℓ直列3気筒ターボエンジンで走らせるので「パワー不足なのでは?!」と不安でしたが、これが結構走ります。

法定速度で走っている時はもちろん、発進時もスムーズに走らせることが出来ました。

視界がひらけた直線路でアクセルを踏み込んでみましたが、1.0ℓエンジンの割にグッと加速して行きます。
DSC09796

これは、上り坂や車線合流部でも頼もしいです。

SUVなので目線が高めで、ウインドウも大きく見晴らしいがいいです。

前方視界はもちろん、後方視界も問題なかったです。

試乗から戻り駐車もさせてもらったのですが、バック駐車自体はバックカメラがあるので不自由はなかったのですが、フラットボトムのステアリングが回していると掴み損ねそうになりもたつきました。

普通に走っている分にはステアリング下がスッキリして良いのですが、ステアリングを回す動作は慣れが必要そうでした。

縦列駐車や車庫入れなど自動で行ってくれるパーク アシスト機能もありますが、色々な条件が揃わないと機能しないらしく、結局、自分で操作した方が早いみたいです。


2.新しいエクステリア



T-Crossはフォルクスワーゲン Poroをベースに作られているようです。

その割に全高の高さがあるT−Crossの方が、全然大きく見えました。

エナジェティックオレンジメタリックのボディーカラーが鮮やかで、遊び心あるSUVに似合っています。

エクステリアはフォルクスワーゲンらしい印象ですが、細かな部分で新しいデザインが採用されています。
DSC09806

試乗車はデビュー記念特別仕様車のTSI 1st Plusで、各部にシルバーパーツが使われていたり、18インチアルミホイールが装着されていたり、若干の安全装備の違いなどがあります。

LEDヘッドライトはデイライトとウインカーが同一箇所になっています。
DSC09789

ちなみに、シーケンシャルウインカーではないです。

また、ヘッドライトの内側はダミーになっている部分があり、本国仕様と日本仕様で違いがあるみたいです。
DSC09810

フロントグリルの凹凸が今までのデザインと逆になっています。
DSC09811

ボンネット先端に今までにはないプレスが入っていて、運転席から車両先端がわかりやすくなるような配慮がされています。
DSC09812

サイドはSUV特有の樹脂パーツがふんだんに使われていて、ボディーカラーがブラックならさほど目立たないと思いますが、ほかのカラーだと目立つので好みが分かれそうです。
DSC09791

LEDテールランプはフォルクスワーゲンでは珍しいスクエア形状になっています。
DSC09795

左右を繋ぐようなデザインになっていますが、センターのバックドア部分は特に点灯したりはしません。

リアナンバー下にT-Crossの文字が配置されていますが、日本のナンバープレートのサイズとあまり合っていない印象で、若干の違和感があります。
DSC09794

今後、他車種でも採用されていくデザインのようです。

ホイールは18インチアルミホイールが採用されていて、スポーティーなデザインになっています。
DSC09790

Plusの方はホイールに加え、ドアミラー、ダッシュパッド、シートが3つのカラーコンビネーションから選ぶことができ、こちらはブラックを選択されています。


3.プラ感あるインテリアだが悪くはない



インテリアは若干プラ感が強い印象ですが、特に安っぽくは感じませんでした。
DSC09798

ダッシュボードやドアパネルにソフトパッドが全く使われていないので、そのせいでプラ感が出てしまっています。

その代わりというか、Plusにはアンビエントライトが設定されていて、夜間はドアトリムなどが点灯してくれるので、そういう演出は良いです。

ドアパネルの張り出しが少ないので、広く感じます。

フラットボトムのステアリングはデザインも良く、レザーやシルバー加飾があり質感良いです。
DSC09799

ステアリングにアダプティブクルーズコントロールなどのスイッチ類があり、操作性も良好です。

メーターはシンプルなアナログメーターが採用されていて、これはこれで悪くないのですが、最近のメーターからいうと少し情報量が少ない感じですが、今後、オプションで他車種のようにデジタルメーターが採用される可能性ありです。

スポーツコンフォートシートは全体で身体を支えてくれている感じで、程よい沈み方だと感じました。
DSC09802

Poroベース故に、ナビはPoroと同様のものが採用されていますが、8インチのタッチスクリーンで多彩なオーディオメディアに対応していて使いやすそうです。
DSC09800

シフトパターンがシフト横からシフトノブへ移動したみたいで、操作中はシフト位置がわかりにくいかもさしれませんが、スッキリした見た目なのがいいです。
DSC09801

スマホなどが普及した現代では必要不可欠なUSBポートが前席2つと、後席にも2つあるので、それぞれが充電に使えて便利です。
DSC09805

リアは大人4人なら十分に使える空間だと思います。
DSC09803

フロント同様にリアもプラ感が強いのは否めなく、またシートがブラックなので全体的にシンプルな印象になっているので、これがオレンジやグリーンならまた違った印象になりそうです。
DSC09804

リアシートは前後スライド機構を持っていて、これは本国ではリアに子供が乗ったり、荷物を載せることが多く、その際にフロントからのアクセスが容易になるようにこうなっているようです。

リアウインドウは全開にすることが可能で、大体の車種が少しだけウインドウが残るようになっているので、これはかなり開放感があります。
DSC09797

ラゲッジルームもSUVらしくたくさんの荷物を積み込むことが出来そうです。

フロア高は2段階調整が出来るようになっていますが、フロア下にはスペアタイヤが載っているのでフロア下収納は出来ないことはありませんが、あまり期待できません。
DSC09807

リアシートを前へスライドすることで奥行きが増しますが、ラゲッジフロアとシートの間に隙間が出来てしまうので、小物などを落とさないように気をつけなければいけません。

DSC09808

4.今後T-Rocも登場予定



T-Crossは現在、ファーストエディションとしてデビュー記念特別仕様車のTSI 1st PlusとTSI 1stの2グレードが用意されていますが、2020年5月にはフォルクスワーゲン通常のComfortとHighline、そして、もしかするとR-Lineの3グレードが用意されるようです。

そして、6月にはT-Rocの日本発売も控えているようです。

ヨーロッパではすでにデリバリーが開始されているT-Rocですが、こちらカブリオレの設定もあるようで、SUV+カブリオレという珍しいクルマなので、是非とも日本でも発売してもらいたです。

さらに今後、ゴルフ8のデビューも控えていて、これまでのゴルフからかなり変化しているようで、これからのフォルクスワーゲンから目が離せません。


5.まとめ



今回試乗したフォルクスワーゲン T-Crossは丁度いいコンパクトサイズながら、室内は広く使い勝手も考えられていて、流石な1台でした。

今、人気のカテゴリーにあるSUVで、SUVらしさとフォルクスワーゲンらしいルックスで、ここにしかない特別感があるように思います。

小排気量エンジンでも意外とよく走ってくれて、ドライブも存分に楽しめることでしょう。
燃費はWLTCモードで16.9km/ℓと悪くないのですが、使用燃料が無鉛プレミアムなので多少、燃料代が気になるところではあります。 

TさいSUVのT-Crossですが、小さくはなくTさいSUVでした(笑)

少しでもT-Crossやフォルクスワーゲンが気になった方は、実際に展示車や試乗車で体感されることをオススメします。

そして、乗り換えを考えている方はこちら!


ネット一括査定で愛車の価値を調べてみるのがオススメです。

ディーラー下取りよりも、買取店で買い取ってもらった方が、高い金額になることは知っていても、色々な買取店を巡るのは手間がかかってしまいますが、ネット一括査定ならネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも一括で査定してもらうことが出来ます。

その中から、1番高い金額を提示してくれた買取店にお願いすればいいのです。

僕も以前、所有していたレクサスNXはネット一括査定を利用して、満足する結果で買い取っていただくことが出来ました。

以前のブログで、そのことについてのことを記事にしているので、よかったら参考にしてみてください。




 

ブログのほかにTwitterもやっています。クルマのことはもちろん、日常のことやブログ更新のお知らせも発信しているのでフォローもよろしくお願いします!